コロナウイルスを予言していた?映画コンテイジョン!?

最近話題になっている映画といえば、公開直後や近日公開の作品ではなく、間違いなく2011年に制作されたパンデミックスリラー映画「コンテイジョン」である。

私はこの映画は把握していなかった。なぜならキャストなど映画情報を見ても、”夜中に放送されていそうな映画”だったから。なにより優先度が低かったこともある。

 

 

コンテイジョン

なぜ過去の作品であり、そう連想させる映画であるにも関わらず、2020年の今話題になっているのかというと、ストーリーの展開が、ほぼ全ての国民が関心を抱いているコロナウイルスと流れが似ているからである。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]ココがポイント[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome=”fa-hand-o-right” iconcolor=”#3F51B5″ bgcolor=”#E8EAF6″ color=”#000000″ iconsize=”200″]

この映画はコロナウイルスを予言していたのかとさえ言われるほど、酷似する点があるのだ。

[/st-cmemo]

 

コロナウイルス、別名COVID−19は、当初、武漢肺炎とも呼ばれ、武漢より広まったのではないかとされているが、この映画では香港より帰国したグウィネス・パルトロー演じるベスの体調が悪化、意識不明になり突然死したことから始まる。

 

また、そばにいた息子も同様の症状により死を遂げる。同じような症状が濃厚接触者、また、香港の郊外の街でも確認され、ウイルステロなのではないかと未知のウイルスに全世界が恐怖する。

 

パンデミックは瞬く間に広がり、解決方法は見つからないまま死者は増え、感染は広がっていく。

 

WHOやDHS(国土安全保障省)、CDC(疾病予防管理センター)が立ち上がりウイルスの究明、感染防止に取り組むも、歯止めは効かない。

 

ジャーナリストのジュード・ロウ演じるアランは真相へ近づいていくも、自らが経験した治療法を発信し、人々は彼を信じ薬局へ殺到。ワクチン完成まで隔離生活を国民は行うも、食料の確保が困難になり暴動も起こり、自体は混乱していく。

 

映画の内容

映画の内容は、突然意識を失う、横暴な強盗による退廃的な街の姿、など多少大げさな部分もあるものの、中国より広まったウイルスであることや、やがて人々が隔離生活を余儀なくされること、感染が世界的に広がっていく様など他にも多々、今回のコロナ騒動に似ている点があり、注目されることとなった。

もちろん、その事実に驚く点ではあるが、何故この映画を見て欲しいか、そこだけではない。この映画を見て、疑似体験をしてほしいと思う。

 

ウイルスの恐怖

ウイルスは目に見えない。

それは当たり前だが、だからこそ感染がいかにして広まるかにいまいち実感がわかないところがある。

 

どのように広まっていくかは実際に映画を見てほしいが、そのステップはあまりにも小さなことで始まり、こんなことで感染してしまうの?と思わざるを得ない。

 

未知のウイルスが正体を現すまでいかに多くの場所で跡を残しているのか。

 

[st-kaiwa1]私自身、恐怖を感じ買い物など触れるものさえ躊躇させられるほど、自らの行動を見直した。[/st-kaiwa1]

 

また、ウイルスが感染させるのは人の体だけでなはない。人々を影響する者たちによる根拠のないデマなどによって、人々を混乱させている。この映画に限らず、ソーシャルメディアや人々の噂で、今現在も思い当たる節はあるのではないだろうか。

 

予言をした映画、だけでなく、私は今だからこそ、今までの生活を見直すためにこの映画を見てほしいと思った。

 

人々を恐怖や混乱、こんな世界になっては、と煽ることになるのではないか、という意見もあるが、この映画の事態にならないためにも、私はぜひ多くの人に見てほしいと思った。ゾンビ映画や、「28日後…」など他にも多くのパンデミック映画はあるが、あまりにも常識から外れている。

ゾンビに変わったから、やっつけるではすまない、まさに自分が凶器になっているかもしれない恐怖や不安を見つめ直す内容だったと思う。

ベスは何故香港で感染したのか、それはあまりにもちょっとした出来事なのだ。

 

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]ココがポイント[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome=”fa-hand-o-right” iconcolor=”#3F51B5″ bgcolor=”#E8EAF6″ color=”#000000″ iconsize=”200″]

 

現在、この映画は日本で見られる映画配信コンテンツではランキングのトップに上がっている。言うまでもない、噂やニュースが広めたものであるに違いなく、私もまた、知り合いよりコロナウイルスと酷似していると話題になっていると教えてもらい視聴した身である。

[/st-cmemo]

 

現在多くの人が視聴している証拠ではあるが、まだ現実とはかけ離れている描写が全ての人々に警鐘を鳴らすことができている訳ではないようだ。

[st-cmemo fontawesome=”fa-exclamation-circle” iconcolor=”#919191″ bgcolor=”#fafafa” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]ちなみに、この映画はオーストラリアでは有名な配信コンテンツに一つも上がっていない。都市封鎖の状況や買い占めなどが逆に不安を煽るからかもしれない。[/st-cmemo]

しかしこの映画に出てくる「Rー0」(この0に係数2など数字を当てて感染の広がりの大きさを表す)などの用語は実際にも使われているものであり、教科書とはいかないまでも、参考になる情報は多く見られた。

 

コロナウイルスの事象に似た映画ではあったが、この映画で当たられていなかった事象があった。トイレットペーパーなど紙製品の買い占めである。(デマを信じた人々の行動という点では似ているが)ここまでは監督や監修者も予測はできていなかっただろう。

 

また、キャスト陣は当時も現在でも豪華と感じるマット・デイモン、マリオン・コティヤールケイト・ウィンスレットも出演しており、監督は「オーシャンズ11」などでも知られるスティーブン・ソダーバーグなのだ。

 

キャストや製作陣の凄さに対して埋れすぎである。映画の内容とはさほど関係ないが、グウィネス・パルトローが開始5分ほどであっさり死亡し、脳まで解剖されてしまう役を受けるとは、監督の偉大さやキャストラインナップも影響しているに違いない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました